中学受験において大切な事

今回は子供が中学受験に意欲を示してもらうのに大切な事を紹介したいと思います。

まず、中学受験において大切である事としては、小学校卒業時までに必要である知識レベルに達している事が最重要ポイントと言えますが、実際勉強するのは自分ではなく自分の子供であるため、勉強しなさいと言うだけではなかなか勉強してくれないのが現状であると考えられます。
では、子供が自ら勉強する為にはどのような方法を行い子供に意欲を出させるかを考えるとズバリ、アメとムチを与えて記憶を定着させる事が大切であると考えます。

例えばお子様がまだ低学年で算数が苦手だったとしましょう。一緒お買い物に行った際にお菓子などを200円までと指定して自分の頭で計算しながらお買い物をさせてあげるのです。そうすると子供は自然と自ら計算するクセがつき、数字をみのが苦じゃなくなります。
これは簡単な例ですが、他の教科でも同様です。

幼少期から読み聞かせをして字を読めないにしても常日頃から見ていること、公園などにいき自然と触れ合わせて生き物の生態に興味を持たせる事など、いざ、小学校6年生から受験だと考えるのではなく、小学校に入学させた段階で中学受験をさせたいと考えているのであればまずは子供とのコミュニケーションのなかで少しずつ学ぶクセをつけさせる事が中学受験に意欲を示してくれる大切な事であると考えます。